2017年07月10日

リフォーム減税について調べてみました

助成金や補助金について情報発信している当ブログですが、ふと思ったのです。

「助成金でも補助金でもないけど、減税だってお得じゃない?」

お得と言うと語弊があるかもしれませんが、経済的にちょっと楽、なのは同じですよね。

そこで、リフォーム減税について詳しく調べちゃいました!

reformtax-1.jpg



調べてみたら、リフォーム減税ってとってもたくさんあるんです。
耐震とか、バリアフリーとか、省エネとか・・・・。
もちろんそれぞれ条件も様々。

耐震リフォームに定評のあるエコリフォームですから、リフォーム減税の中でも耐震リフォームに絞ってまとめてみました。

大きく分けて、
  • 所得税の控除
  • 固定資産税の減額
の2つがあるんですが、なんとこの2つは併用可能なのです。

つまり、所得税も控除してもらいつつ、固定資産税も減額してもらう、ということが可能なんですね。

所得税の控除もうれしいですが、忘れた頃にやってくる固定資産税も減額になったら最高です!
(私も毎年忘れてますが、住宅ローンに加えて固定資産税の支払いがドーンとくるのはなかなか厳しいものです・・・)


ぜひ、チェックしてみてくださいね★


posted by エコリフォーム at 11:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム助成金&補助金あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

東京23区のリフォーム助成金情報、新しくなりました!

リフォームがちょっとお得にできる(かもしれない)助成金・補助金の情報をご紹介している
「東京23区のリフォーム助成金情報」ですが、このたびちょこっとリニューアル!

より見やすいデザインに生まれ変わりました。

taishin17_topillust.jpg
ブー子がお出迎えしまーす。

近頃話題の住宅ストック循環支援事業や、東京23区の耐震助成金情報も、まとめてご覧になれますよ。
手前味噌ですが、おすすめです!!


さらに、リフォーム減税の情報も近々掲載予定。

補助金・助成金を当てにしたリフォームはおすすめできませんが、リフォームが終わってから、ちょっとお釣りが多めに戻ってくるようなイメージで申請していただけると、ちょうどいいくらいに幸せだと思います。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。


posted by エコリフォーム at 14:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム助成金&補助金あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

北千住と西新井の変貌には目を見張りますね/東京都足立区の耐震助成金(2017年度)

今日は東京都足立区のリフォーム耐震助成金情報をお届けします。

足立区は治安が悪いイメージを持っている方も多いと思いますが、それは主に北千住を中心とした南側のこと。
今ではすごい勢いで再開発が進んでいるので、北千住周辺も明るい雰囲気になってきました。
荒川を越えた北側は緑も多く、のんびりした雰囲気の住宅街になっています。

81e82cd328a2503fffb12b54233d4f40_s.jpg
▲こうした路地も少なくなってきましたね・・・。

日比谷線につながる東武線と、綾瀬止まりの千代田線くらいしかなく、あまり交通アクセスがよくなかった足立区ですが、近年はつくばエキスプレスと日暮里舎人ライナーが開通し、より暮らしやすくなってのではないかと思います。
西新井大師周辺などには昔から住んでいるという方が多いですが、舎人公園周辺などには新しい住宅も見られます。

今まさに新旧が移り変わろうとしている足立区です。
川に囲まれていてそれほど地盤が丈夫ではないこともあるので、特に築年数の長いお宅は耐震リフォームを検討されてはいかがでしょうか。


そんな足立区の助成金制度は、このようになっています。

  • 耐震診断助成事業
  • 木造住宅耐震改修工事助成
  • 耐震除却工事助成事業
  • 耐震シェルター・ベッドの助成事業


金額的には、
耐震診断が限度額10万円!
耐震改修が限度額80〜100万円!
などとなっております。

60歳以上または障害者の方がいる世帯は特例世帯として、耐震改修の助成金額がアップします。


さらに詳しくは、エコリフォームのサイトでご紹介しています。




posted by エコリフォーム at 11:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【足立区】住宅助成あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

とにかく交通がやたらめったら便利!/東京都豊島区の耐震助成金(2017年度)

今日は東京都豊島区のリフォーム耐震助成金情報をお届けします。

豊島区と言えば池袋、池袋と言えば豊島区という感じで、豊島区の真ん中に位置する池袋が、お買い物、交通、行政などあらゆる面で豊島区の中心と言えます。
池袋の駅周辺は雑多で賑やかな感じなので戸建て住宅は少ないですが、池袋から少し離れるだけで、雑司が谷や目白などの閑静な住宅街や、椎名町、要町といったより庶民的な住宅街が広がっています。

豊島区の良さは何と言っても交通の便が非常によいところ。
池袋駅を通る東武東上線と西武池袋線をはじめ、東京メトロは有楽町線、丸ノ内線、副都心線の3線、都営は三田線&都電、JRは埼京線と山手線に湘南新宿ラインまで、実に10もの路線があるんですねー。
豊島区内に住んでいれば、通勤に買い物に、どこに行くのにも便利です。

d592cb1a0e37163f7ffa538705127711_s.jpg
▲わたくしイチオシの巣鴨です!

駒込、巣鴨、大塚という山手線沿線の街も住みやすいし、北に向かって北池袋と下板橋も下町風情が素敵だし、西の千川、東長崎などは子育て世代にも人気です。
古い木造住宅や細い路地など、まだ昔ながらの街並みも残っている豊島区なので、ぜひ助成金を使った耐震リフォームをご検討ください。


そんな豊島区の助成金制度は、このようになっています。

  • 木造住宅耐震診断補助事業
  • 木造住宅耐震改修補助事業
  • 耐震シェルター等設置補助事業

シンプルですね。


金額的には、
耐震診断が限度額15万円!
耐震改修が限度額100万円!
などとなっております。


さらに詳しくは、エコリフォームのサイトでご紹介しています。




posted by エコリフォーム at 11:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【豊島区】住宅助成あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

亀有も柴又もいいけど京成沿線もいいよね/東京都葛飾区の耐震助成金(2017年度)

今日は東京都葛飾区のリフォーム耐震助成金情報をお届けします。

葛飾区で有名なのは、こち亀の亀有に寅さんの柴又。
この2つの街のイメージ通り、庶民的な下町の多い区になっています。

葛飾区の北側には常磐線が通っていて、亀有や金町は都心へのアクセスもよく、暮らしやすい街と言われています。
中央を通るのは京成線。高砂、青砥、立石など、むかしからの一戸建てが多くなっています。
南を通るのは総武線です。新小岩の駅周辺は葛飾区ですが、小岩周辺は江戸川区になっています。

photo0000-5016.jpg
▲京成高砂駅です。雰囲気があっていいですよね〜。

アクセスが良いのに家賃相場はそれほど高くないところから、千葉や埼玉から葛飾区に移り住んで、都心に通勤する方も増えているようです。
一方で、2代、3代にわたってずっと葛飾区に住んでいるという方も多く見られます。
戸建て住宅の割合が高い葛飾区なので、耐震リフォームの助成金はうれしい制度なのではないでしょうか。


そんな葛飾区の助成金制度は、このようになっています。

  • 葛飾区木造建築物【耐震診断】助成
  • 葛飾区木造建築物【耐震設計】助成
  • 葛飾区木造建築物【耐震改修工事】助成
  • 葛飾区木造建築物【建替え工事】助成
  • 葛飾区木造建築物【除却(解体)工事】助成
  • 葛飾区耐震シェルター等設置助成


金額的には、
耐震設計が限度額20万円!
耐震改修工事が限度額160万円!
などとなっております。


さらに詳しくは、エコリフォームのサイトでご紹介しています。



posted by エコリフォーム at 11:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【葛飾区】住宅助成あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

東京さくらトラムってまだ浸透してないですね・・・/東京都荒川区の耐震助成金(2017年度)

今日は東京都荒川区のリフォーム耐震助成金情報をお届けします。

荒川区は23区で一番小さな区ですが、その存在感はピカイチ!
日暮里、町屋、尾久など、いかにも下町っぽい街がいっぱいです。
最近「東京さくらトラム」という愛称がついた都電荒川線が通っていることも、下町っぽさをプラスしているように思います。

arakawasen04-500x375.jpg
▲東京さくらトラムですよ!さくらトラム!!

実は荒川区には荒川は流れておらず、区の境を流れているのは隅田川です。
なぜなら、むかしは隅田川が荒川と呼ばれていたからなんですね。
現在の荒川は、隅田川より川幅も広くなっていますが、荒川(=隅田川)の放水路でした。

下町下町と書いていますが、近年では再開発も進んでいる荒川区。
尾久や南千住には再開発によって建てられたマンションも多く、新興住宅地化が進んでいるそうです。
西日暮里の大規模な再開発計画も進められています。

とは言え、まだまだ木造住宅が密集している地区も多いのが事実。
住宅密集地で火事と地震が危険なことは今も昔も変わりません。
ぜひ助成金を利用した耐震リフォームをご検討ください。


そんな荒川区の助成金制度は、このようになっています。

  • 耐震診断支援事業
  • 耐震補強設計支援事業
  • 耐震補強工事支援事業
  • 耐震シェルター設置工事支援事業
  • 防火耐震補強工事支援事業
  • 耐震建替え工事支援事業

荒川区では単に耐震リフォームだけでなく、同時に防火面を強化することも支援しています。


金額的には、
耐震補強設計が限度額15〜30万円!
耐震補強工事が限度額100〜200万円!
などとなっております。

耐震補強工事の助成金は、自宅か貸家か、高齢者が居住している世帯かによって異なります。
なお、高齢者が居住している世帯は、「70歳以上のひとり暮らしの世帯」などの規定がありますのでご注意ください。


さらに詳しくは、エコリフォームのサイトでご紹介しています。



posted by エコリフォーム at 11:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【荒川区】住宅助成あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

練馬区には大きな戸建て住宅が多いらしい/東京都練馬区の耐震助成金(2017年度)

今日は東京都練馬区のリフォーム耐震助成金情報をお届けします。

個人的にはいままであまり練馬区にご縁がなく・・・。私のイメージは練馬大根くらいなんですね。
そこで、いろいろ調べてみました。

練馬区は23区の中で一番新しい区なんだそうですね。
そのせいかどうかはわかりませんが、農地面積も23区の中で一番だとか。
石神井公園をはじめとした大きな公園もあるので、自然がいっぱいの緑豊かな住環境と言えるのではないでしょうか。

f2ae48ec23419238df7dca6601398c83_s.jpg
▲石神井川の桜ってこんなに綺麗なんですねー。

と言っても田舎というわけではなく、交通もなかなか便利です。
練馬区の中央を横断する西武池袋線に、南側は西武新宿線。ここに大江戸線&有楽町線も加わって、都心へのアクセスは良好なのです。
光が丘には大規模ショッピングセンターもあり、そして、としまえんも名前からすると豊島区っぽいですが、練馬区にあります。

練馬区の木造住宅は、やはり都心と比べて敷地が広いのが特徴です。
大きな家では、扉や窓などの開口部も広くとられていることが多いので、特に築年数の長い家にお住まいの方は耐震リフォームをご検討ください。


そんな練馬区の助成金制度は、このようになっています。

  • 戸建住宅の無料簡易耐震診断
  • 耐震診断(一般診断または精密診断)助成
  • 実施設計助成
  • 耐震改修工事助成
  • 簡易補強工事助成
  • 耐震シェルター・防災ベッド設置助成


金額的には、
簡易補強工事が限度額50万円!
耐震改修工事が限度額100〜120万円!
などとなっております。

耐震改修工事の助成金額は、練馬区の指定している路線沿いかどうか、または世帯所得によって異なります。


さらに詳しくは、エコリフォームのサイトでご紹介しています。



posted by エコリフォーム at 11:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【練馬区】住宅助成あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

おしゃれなマダムがわんさかいらっしゃる!?/東京都目黒区の耐震助成金(2017年度)

今日は東京都目黒区のリフォーム耐震助成金情報をお届けします。

目黒と聞くと「目黒のさんま」しか思いつかない私です。
秋に行われる目黒のさんままつりは、目黒区と品川区の2つがありますが、ちゃんと目黒区でやってるさんままつりに行ったことがあるんですよ。

すっかり「さんまの区」みたいな紹介ですが、目黒区の街の名前を聞くとおしゃれなイメージがわいてきます。
マダムがたくさんいそうな自由が丘、インテリアにこだわったお店も多い中目黒、大学はないけど都立大学に学芸大学・・・など、特におしゃれな女性は目黒区に憧れている方も多いと聞きます。

meguro.jpg
▲とは言え、目黒銀座はそこそこ庶民的ですね

そして目黒区には目黒、柿の木坂、碑文谷、駒場などなど、高級住宅街も多数!
こうした高級住宅街のみなさんは耐震をしっかりされていることと思いますが、もう少し庶民的なエリアの木造住宅にお住まいの方は、耐震リフォームを検討されてはいかがでしょうか。
目黒区のサイトには「昭和56年以前に建築された建物はぜひ耐震化を検討してください」と熱いメッセージも書かれています。


そんな目黒区の助成金制度は、このようになっています。

  • 目黒区建築物耐震診断助成
  • 目黒区耐震改修設計(補強設計)助成(木造)
  • 目黒区建築物耐震改修助成(木造)
  • 目黒区耐震シェルター等設置助成


金額的には、
耐震改修設計が限度額20万円!
耐震改修工事が限度額120〜150万円!
などとなっております。

耐震改修工事の助成金額は、一般世帯と住民税非課税世帯とで異なりますのでご注意ください。


さらに詳しくは、エコリフォームのサイトでご紹介しています。



posted by エコリフォーム at 10:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【目黒区】住宅助成あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

おしゃれでセレブでも地震は怖い!/東京都港区の耐震助成金(2017年度)

今日は東京都港区のリフォーム耐震助成金情報をお届けします。

港区は23区屈指のビジネス街。虎ノ門、新橋、芝あたりのオフィス街にお勤めになっている方も多いのではないでしょうか。
買い物や食事、遊びに、青山、赤坂、六本木へ出かける方も多いかもしれません。
おしゃれな街、セレブの街というイメージでしょうか。

minato.jpg
▲そういえば東京タワーも港区ですよね〜。

では住んでいる方はというと、汐留やお台場のタワーマンションか、麻布や白金の高級住宅?
耐震リフォームの必要な木造住宅にお住まいの方は少ないかもしれませんね。

それでも麻布十番や東麻布など商店街ががんばっているエリアや、高輪から三田あたりのようにお寺も多く、古くからお住まいの方が多いエリアも残されています。

意外なところでは新橋も港区です。
飲み屋さんが多い新橋ですが、駅から少し離れると築年数の長い木造住宅もあるんですよ。


さて、そんな港区の助成金制度は、このようになっています。

  • 港区木造住宅耐震診断事業(無料耐震診断)
  • 港区建築物耐震診断助成事業
  • 木造建築物の耐震改修工事等の費用助成

そもそも対象となる木造住宅が少ないこともあって、シンプルな構成です。


金額的には、
耐震診断が限度額20万円!
耐震改修工事が限度額200万円!
などとなっております。

限度額の高さはさすが港区ですね。


さらに詳しくは、エコリフォームのサイトでご紹介しています。



posted by エコリフォーム at 11:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【港区】住宅助成あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

交通至便な環境で長く住み続けるために考えたい/東京都渋谷区の耐震助成金(2017年度)

今日は東京都渋谷区のリフォーム耐震助成金情報をお届けします。

渋谷は若者の街と言われますが、渋谷区全体が若者向けというわけではありません。
南側は恵比寿、広尾といった閑静な住宅街。
渋谷はたいそうな繁華街になっていますが、中央には代々木公園や明治神宮がドーンと広がっていることもあり、意外と緑も多い渋谷区です。

photo0000-5208.jpg
▲渋谷の駅前にも小さなグリーンが・・・モヤイ像ですw

北西部の笹塚、幡ヶ谷、初台あたりにはけっこう古い家も多く、ほんのり下町情緒も感じられるエリアになっています。
渋谷区に木造住宅をお持ちの方は、北西部にお住まいの方が多いかもしれません。
便利な環境で長く安心に住み続けるために、耐震リフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。


そんな渋谷区の助成金制度は、このようになっています。

  • 木造住宅耐震診断コンサルタント派遣事業
  • 木造住宅簡易補強助成
  • 木造住宅耐震改修助成

これまたシンプルな構成です。


金額的には、
簡易補強が限度額18万円!
耐震改修が限度額56〜150万円!
などとなっております。

耐震改修の助成金は、建築基準法に適合した建物かどうか、所有者が65歳以上の高齢者かどうかによって、金額が大きく違ってきますのでご注意ください。


さらに詳しくは、エコリフォームのサイトでご紹介しています。



posted by エコリフォーム at 11:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【渋谷区】住宅助成あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする