2009年04月16日

【中野区】 木造共同住宅耐震改修補償型助成事業

今回は、中野区が行っている耐震改修助成事業「木造共同住宅耐震改修補償型助成事業」をご紹介させていただきます。
中野区では、区が実施する耐震診断を受けた木造共同住宅で、区登録の耐震改修施工者による耐震改修工事を行ったにもかかわらず、工事の竣工後10年以内に震度6強以下の地震で全損した場合、600万円を限度に助成します。(中野区ホームページより)


●【中野区】 木造共同住宅耐震改修補償型助成事業


■ 制度の種類

補助

■ 助成対象

共同住宅

■ 対象となる建築物

・区が実施する耐震診断を受けた木造住宅
・耐震改修前の耐震診断の総合評点が1.0未満の建築物を、1.0以上となるように改修するもの

■ 対象者の要件(所得制限、年齢制限等)

・対象建築物所有者

■ 補助支払 又は融資対象限度額

・600万円
・耐震改修工事費+全損した建物の延べ面積(平米)×12万円×0.1

■ 備考

区登録の耐震改修施工者による耐震改修工事を行った建物で、竣工後10年以内に震度6強以下の地震で全損した場合、600万円を限度に助成


詳しくは、「中野区」Webサイトに掲載されています


お問い合せ窓口
中野区 都市整備部 建築分野建築防災・指導担当 TEL/03-3228-5576 

耐震 リフォーム
posted by エコリフォーム at 09:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【中野区】住宅助成あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック