2009年10月27日

長期優良住宅先導的モデル事業

前回の記事でご紹介しました、省エネ改修も含め、もっと広い視野で、優良な住宅(長持ちして、快適に暮らせる住宅)を増やしましょうという国の政策も、進められています。

長期優良住宅モデル事業です。


こちらも、基準を満たして工事をすれば、工事費の補助が受けられます。

省エネのことだけを満たせば良いのではなく、例えば、

■土台などの構造材は耐久性の高いものを使う(ヒノキ、ヒバ、クリ等の国産材の心材)といった、構造躯体の耐久性という観点からの基準

■階段、水まわりへの手すりの設置や各居室周辺の段差解消といった、バリアフリー面での基準

などがあり、そのほか、その建物を将来、躯体だけ残してリフォームする際に、リフォームをし易いような仕様も求められます。

既存住宅・建築物省エネ改修緊急促進事業と比較して、より求められるレベルは高く、その分補助を受けられる金額も多いです。

(1)内部スケルトン改修(補助金目安100万円)
(2)フルスケルトン改修(補助金目安200万円)
※補助金は、建設費用の1/10、上限200万円です。


こちらの補助金を使ってのリフォームも、エコリフォームでお手伝いをさせて頂いております。

お気軽にお問合せ下さい。

お問合せは
エコリフォームまで!
    フリーダイヤル0120-292-575
     (9:00-19:00 水曜定休です。)


posted by エコリフォーム at 13:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム助成金&補助金あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック