2012年08月26日

港区の省エネルギー機器等導入費助成制度

前回に引き続き、省エネに繋がる機器の設置に対する助成金のご紹介です。
今回は港区が行っている省エネ機器設置助成のご紹介です。

9月1日より電気料金が値上げとなりますので、省エネ機器をお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、初期費用がある程度かかってしまうのが気になるところ。
各自治体の助成金を上手く利用すれば、負担が軽減されますよ。

※ただ、太陽光発電システムについてはは設置時にご注意。
重い機器を屋根に載せますので、場合によっては建物自体の補強が必要になる場合が
あります。


★新エネルギー機器設置助成制度


○住宅用太陽光発電システム
 最大出力に応じ1kWにつき20万円
 【一戸建て】上限60万円
 【マンション管理組合】上限200万円

○住宅用太陽熱温水器
 有効集熱面積に応じ1uあたり9,000万円
 上限10万円

○住宅用太陽熱ソーラーシステム
 有効集熱面積に応じ1uあたり16,500万円
 上限30万円

○CO2冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート)
 機器本体価格の1/4
 上限8万円

○潜熱回収型給湯器(エコジョーズ)
 機器本体価格の1/4
 上限3万円



★高反射率塗料工事費助成
 施工費用の1/2(上限150万円)


★日照調整フィルム設置費費助成
 設置に要する経費の用の1/2、もしくは施工面積(u)×助成単価(7,500円)の
 いずれか小さい額(上限75,000円)


※詳しくは港区までお問い合わせください。
港区ホームページ:助成金について 

posted by エコリフォーム at 09:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅助成あれこれ【港区】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/288439332
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック