2016年07月11日

板橋区の耐震補強工事助成は子供にもやさしい/東京都板橋区のリフォーム耐震助成金

今日は板橋区のリフォーム耐震助成金情報をお届けします。

板橋区は住宅がいっぱい建ち並んでいるようなイメージ。
都営三田線の志村坂上、高島平あたり、東武東上線の大山、成増あたりも板橋区ですね。

板橋区は地盤がいいので、地震にも強いと言われているそうですよ!
とは言え、地盤がよくても、建物が弱かったり老朽化していたりすると危険ですから、やはり耐震補強は必要ですよね。


そんな板橋区のリフォーム耐震助成金はこちら。
  • 簡易耐震診断(無料)
  • 耐震診断助成
  • 耐震計画等助成
  • 耐震シェルター等設置工事助成
  • 耐震補強工事助成
  • 除却工事助成
  • 建替え工事助成

除却(解体)、建替え工事にも助成が出ます。


金額的には以下のようになっています。

耐震補強工事助成
補助支払い限度額
一般
75万円
高齢者等 (65歳以上の方、または障がいがある方、小学校就学の始期に達するまでの方)
100万円

高齢者世帯だと金額がアップする区も多いですが、板橋区では「小学校就学の始期に達するまでの方」も金額アップの対象のようです。
つまり、小学校に入る前の小さいお子さんのいるおうち、ということですね。


さらに詳しくはこちらから。



▼商店街も充実して住みやすい板橋区。写真はハッピーロード大山です。
p8095082.jpg

posted by エコリフォーム at 10:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム耐震助成金(2016年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

中野区の耐震改修助成事業はちょっと複雑/東京都中野区のリフォーム耐震助成金

23区でもだいぶ西の方にやってきて、今日は中野区のリフォーム耐震助成金情報です。

中野区と言えば名前の通り中野!
東中野とか新中野とか中野坂上とか、中野がつく駅名も多いですね。
でも、意外と北側にも広がっていて、西武新宿線の新井薬師前から鷺ノ宮までも中野区です。


そんな中野区のリフォーム耐震助成金は以下になります。

  • 簡易耐震診断(無料)
  • 耐震診断(無料)
  • 木造住宅建て替え助成
  • 耐震改修助成事業

中野区の耐震改修助成事業はちょっと複雑な仕組みで、
耐震改修工事を行った後10年以内に震度6強以下の地震で全損した場合に助成する制度
なんだそうです。


金額はこんな感じになっております。

耐震改修助成事業
補助支払い限度額
600万円

*上記の通り、仕組みが複雑になっているのと、様々な条件がありますのでご注意ください。


さらに詳しくはこちらから。



▼中野サンプラザは建て直す予定だそうですが、中野駅前の賑わいは不滅です!
p1010416.jpg

posted by エコリフォーム at 10:02| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム耐震助成金(2016年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

大田区には木造住宅耐震診断士がいます/東京都大田区のリフォーム耐震助成金

今日は大田区のリフォーム耐震助成金についてお送りします。

あんまり大田区には縁がないかな・・・と思ってましたが、
「大田区は大森と蒲田から1字ずつ取って名づけられた」と聞いて、
むかしはよく大森で映画見てた!と思い出しました。

さらに、羽田空港にもときどきお世話になっております!


そんな大田区のリフォーム耐震助成金はこちら。

  • 耐震診断助成
  • 耐震改修計画・設計助成
  • 耐震改修工事助成
  • 耐震シェルター等設置助成

診断→計画→工事+シェルター等と、一通り押さえられている感じのラインナップです。

面白いのは診断のところで、区登録の木造住宅耐震診断士に依頼するかどうかで、金額が変わってくるそうですよ。


工事の助成金はこんな感じになっております。

耐震改修工事助成
補助支払い限度額
■ 拡充整備に協力なし
100万円
■ 拡充整備に協力
150万円
■ 申請者世帯に高齢者・障がい者が居住するか、世帯全員が住民非課税の場合
150万円


さらに詳しくはこちらから。



▼忘れかけていましたが、田園調布も大田区なのでした。高級感ありますな〜。

P4068274.jpg

posted by エコリフォーム at 10:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム耐震助成金(2016年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

世田谷区の耐震助成はたくさんあります/東京都世田谷区のリフォーム耐震助成金

今日は世田谷区のリフォーム耐震助成金です。

世田谷区と言えば、私は「高級住宅街」というイメージがあるのですが、
下北沢や豪徳寺のあたりは区の不燃化特区にも指定されているくらい、住宅が密集しているとのこと。
世田谷区は23区の中で2番目に広いので、そりゃあいろんな地域がありますよね。

wikipediaによると、世田谷区は冬寒く、夏涼しい傾向にあるそうですよ。
等々力渓谷をはじめ、緑が多いからでしょうか。


さてそんな世田谷区のリフォーム耐震助成金がこちら。

木造住宅無料耐震診断
木造住宅耐震改修設計助成
木造住宅耐震改修工事助成
木造住宅簡易改修工事助成
木造住宅不燃化耐震補強工事助成
木造住宅不燃化建替え工事助成
耐震シェルター、耐震ベッドの設置費用助成

とにかくたくさんあります!
しかしよく見ると、対象ごとに細分化しているだけのような気もします。


金額はこんな感じになっております。



さらに詳しくはこちらをご覧ください。



▼私の勝手な世田谷イメージに近い住宅街。成城あたりです。

P4260100.jpg
posted by エコリフォーム at 10:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム耐震助成金(2016年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

杉並区の耐震診断は簡易と精密の2つ/東京都杉並区のリフォーム耐震助成金

今日はぐぐっと西の方に来て、杉並区のリフォーム耐震助成金です。

私は杉並区とあまり縁がないもので、ちょっと調べてみました。
杉並区は武蔵野台地にあって、緑が豊かな住宅街なんですね。
中央線だと、荻窪、阿佐ヶ谷、高円寺あたり。
南側には京王線、北側には西武線が通っていて、交通の便もいいようです。


さて、そんな杉並区のリフォーム耐震助成金がこちら。

  • 木造住宅耐震診断士派遣事業(簡易診断)
  • 木造住宅耐震診断士派遣事業(精密診断(非破壊調査))
  • 木造住宅等耐震改修助成
  • 耐震シェルター等の設置助成

耐震診断に簡易と精密の2種類があるのが特徴的ですね。
まずは簡易診断をしてみて、問題がありそうなら精密診断に進む、という感じでしょうか。


金額的にはこのようになっております。

木造住宅等耐震改修助成
補助支払い限度額
【1】改修後の評点が1.0未満 50万円
【2】改修後の評点が1.0以上 100万円
【3】区が指定する建築物や区域の建築物 【1】【2】の1.5倍

耐震診断の結果によって、助成金の金額も変わってくるようですよ。


条件など、詳しくはこちらをご覧ください。



▼行ったことはないんですが、高円寺の阿波踊りってものすっごいらしいですね!
P8304553.jpg


posted by エコリフォーム at 10:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム耐震助成金(2016年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

意外と住宅が多い新宿区、まずは耐震診断を/東京都新宿区のリフォーム耐震助成金

渋谷区に続いて、新宿区のリフォーム耐震助成金情報をお届けします。

新宿も大都会のイメージですが、意外と住宅も多いんですよね。
大久保、高田馬場、落合あたりも新宿区と考えると納得です。
ちなみに新宿区は町名がすごく多いのが特徴だそうですよ。


そんな新宿区のリフォーム耐震助成金がこちら。

  • 予備耐震診断のための技術者無料派遣
  • 耐震診断・補強設計への補助
  • 耐震改修工事への補助
  • 工事監理費への補助
  • 耐震シェルター、耐震ベッド設置への補助

耐震改修工事への補助などは、予備耐震診断(簡易診断)がベースになってきますので、
まずは技術者を派遣してもらって、耐震診断を受けるのがおすすめです。


金額の方はこんな感じになっています。

耐震改修工事への補助
補助支払い限度額
【1】住民税非課税世帯、または重点地区内の建築物
300万円
【2】高齢者(65歳以上)・障がい者世帯
200万円
【1】【2】以外
100万円
*補強設計に基づき、構造耐震指標の値が1.0以上以上とする耐震改修工事の場合


詳しくはこちらをご覧ください。



▼新宿区と言えばこんなイメージですが、住宅街もあります!

pa049006.jpg
posted by エコリフォーム at 10:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム耐震助成金(2016年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

倒壊の危険性がある家なら簡易補強でも助成が/東京都渋谷区のリフォーム耐震助成金

だんだん東京23区でも西の方にやってまいりまして、今日は渋谷区のリフォーム耐震助成金情報です。

渋谷区は渋谷をはじめとして、恵比寿、原宿、代々木と大きな町が多く、住宅は少ないイメージがあります。
でも、南新宿や幡ヶ谷、笹塚といったあたりには、住宅もけっこうあるんですよね。
渋谷区本町は東京都の不燃化特区にも指定されているそうです。


そんな渋谷区のリフォーム耐震助成金がこちら。
  • 木造住宅耐震診断コンサルタント派遣事業
  • 木造住宅簡易補強助成
  • 木造住宅耐震改修助成
耐震診断の結果、倒壊の危険性がある家なら、簡易補強でも助成が出るのはうれしいですね。


金額はこんな感じです。

木造住宅耐震改修助成
補助支払い限度額
高齢者等 150万円
その他 100万円

*上記は「原則として建築基準法及び建築基準関係規定に適合している建築物」の場合です。


さらに詳しくはこちらをご覧ください。



▼日々変わり続ける渋谷を見守るハチ公像です。

P5091265.jpg
posted by エコリフォーム at 10:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム耐震助成金(2016年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

まだまだ耐震工事が必要な地区もある港区です/東京都港区のリフォーム耐震助成金

今日は港区のリフォーム耐震助成金です。

港区は六本木、赤坂、青山・・・なんてきらびやかなビル街のイメージなんですが、
新橋周辺など、昔からの木造住宅が多く、まだまだ耐震工事が必要な地区もあります。

麻布も西麻布、東麻布、南麻布に麻布十番と、けっこう広いんですよね。
東麻布あたりは下町っぽさがありましたが、近年どんどん開発されているようです。


さて、そんな港区のリフォーム耐震助成金はこちら。
  • 港区木造住宅耐震診断事業(無料耐震診断)
  • 港区建築物耐震診断助成事業
  • 木造建築物の耐震改修工事等の費用助成


木造住宅が密集しているような区とは違って、それほど手厚くないように見受けられますが、
助成金の金額の方はけっこう手厚い感じになっています。

木造建築物の耐震改修工事等の費用助成
補助支払い限度額
200万円


さらに詳しくはこちらをご覧ください。



▼オヤジの聖地などと呼ばれる新橋も港区なんですよ。

hibiya031.jpg

posted by エコリフォーム at 13:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム耐震助成金(2016年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

豊島区は耐震診断と耐震改修の2本柱です/東京都豊島区のリフォーム耐震助成金

本日は豊島区のリフォーム耐震助成金です。

豊島区と言えばやっぱり池袋を中心に盛り上がっている感じですが、
住宅地なら大塚、駒込、巣鴨なんて庶民的な町から、目白の高級住宅街までが豊島区ですね。

私も大塚あたりに住んでいたことがあるので、暮らしやすさはよーく知っております!


さて、豊島区のリフォーム耐震助成金は以下のとおり。

  • 木造住宅耐震診断補助事業
  • 木造住宅耐震改修補助事業
  • 耐震シェルター等設置補助事業

耐震診断と耐震改修の2本柱に加え、耐震シェルター等の設置にも助成がありますが、
耐震シェルターは条件が厳し目になっておりますのでご注意ください。


気になる金額はこんな感じになっています。

木造住宅耐震改修補助事業
補助支払い限度額
100万円


詳しくはこちらをご覧ください。



▼池袋は西武に東武にサンシャインシティもあって、買い物天国ですね。

pc061278.jpg
posted by エコリフォーム at 10:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム耐震助成金(2016年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

特例世帯の方は耐震工事または耐震シェルターを/東京都足立区のリフォーム耐震助成金

今日は足立区のリフォーム耐震助成金です。

足立区は東京の一番北のほうにあります。
北千住、西新井など再開発がガンガン進んでいるエリアや、
日暮里舎人ライナーが開通してようやく行きやすくなったエリアなど、けっこう広いんですよね。

母が足立区出身なもんで、子供の頃はちょいちょい行っていました。


さて、そんな足立区のリフォーム耐震助成金はこちら。
  • 耐震診断助成事業
  • 木造住宅耐震改修工事助成
  • 耐震除却工事助成事業
  • 耐震シェルター・ベッドの助成事業


耐震シェルター・ベッドの助成事業がありますが、これは特例世帯向けの助成となります。

足立区の特例世帯とは・・・・
耐震改修工事を行う住宅に居住している世帯が、「60歳以上の方がいる世帯」、「障がい者(基準等級あり)の方がいる世帯」または「住民税非課税世帯」で、その建物の「所有権をお持ちの方がいる世帯」となります。
だそうです。(足立区の耐震助成パンフレットより)


金額はこんな感じになっております。

木造住宅耐震改修工事助成
補助支払い限度額
一般世帯 80万円
特例世帯100万円


さらに詳しくはこちらをご覧ください。



▼ドラマなどでもよく出る荒川の河川敷。荒川区かと思いきや、足立区が多いんですよね〜。

PA114970.jpg
posted by エコリフォーム at 10:30| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム耐震助成金(2016年度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする